So-net無料ブログ作成
検索選択

【速報】『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』相葉雅紀が映画初主演!!フライヤーあり。あらすじ、主題歌見どころ満載!! [映画]













大人気アイドルグループの嵐メンバー“相葉雅紀”が




今年冬公開の『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で映画初主演決定(*^^)v





気になる相葉くんの役どころは、




漫画家を目指す優しすぎて、ちょっとヘタレな書店員。






でも夜になると“デビル・クロース”、略して“デビクロ”という謎のキャラに変身し、





『デビクロ通信』という謎のビラを街にまく人物。





うーん、謎ですねー。






BtX_mHqCIAApobW.jpg





相葉くん以外にも、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真など、豪華キャスト人勢ぞろい。






なんと美しいカルテットで飾られたフライヤーでしょう。






あらすじは相葉くん演じる主人公の光(書店員)が、




ハン・ヒョジュ演じるソヨン(世界的照明デザイナー韓国人)に一目惚れ。






そして榮倉奈々演じる杏奈(溶接女子)は光に想いをよせる幼馴染で





生田斗真扮する北山(漫画家)はソヨンの元彼。





なんとも複雑に絡み合う四角関係を相葉くんはどう演じてくれるのでしょうか?





嵐の中で一番の天然キャラで、ラブストーリーは程遠い存在でしたが、





この作品で相葉ファンがまた増えるのでは!?と思っています。





映画主題歌は30年ぶりに映画担当する山下達郎





究極のラブストーリーの予感ですね!!





新しい相葉くんに会えるのを楽しみにしています!!













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『土竜の唄』 豪華キャスト紹介!試写会、舞台挨拶の感想。【画像あり】  [映画]

映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が2月15日(日)にいよいよ公開になります!!






キャラクター登場人物アクションストーリーなど様々な面で話題沸騰の『土竜の唄』






試写会舞台挨拶の感想も気になりますね!!






top.jpg












『土竜の唄(モグラのうた)』は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の高橋のぼるの人気コミックを、






三池崇史監督、宮藤官九郎の脚本で映画化したもの。






映画は、正義感は人一倍強いが、問題ばかり起こす警察官の菊川玲二(生田)が、






署長から命令を受け、関東一の広域暴力団・数寄矢会組長、轟周宝(岩城)を逮捕するため、






潜入捜査官(通称モグラ)となって犯罪組織に潜り込み、任務を果たそうとする姿を描く。






数々のピンチに遭遇する玲二は、正体がばれることなく、






無事、任務遂行できるのか??






5分に一度は何かが起こるという、まさに目が離せない映画ですね!!













ではキャストのご紹介。









菊川玲二/生田斗真


ikuta.jpgikuta.jpg








日浦匡也/堤真一


tutumi.jpg







月原旬/山田孝之



1.jpg










若木純奈/仲里依紗



naka.jpg










猫沢一誠/岡村隆史



okamura.jpg









黒河剣太/上地雄輔



kamiji.jpg











マンガのキャラに実に忠実なのがすばらしいですね!!



mannga.jpg





mannga2.jpg








試写会、舞台挨拶の感想はこちら。



★とにかく面白かった!!会場が笑いで溢れていました。  

  こんなに笑える映画は久々かも。  by コウ





★マンガのキャラと実物キャラがマッチしていて、俳優陣の演技と、メイク技術に

  感激しました!!みんなかっこよかった~!!  by S.N




★笑いはもちろん、ちょっとジーンとくるとこもあって、かなりよかった。
 
  もう1回見たい!   by ちー




★斗真君はもちろんかっこよかったけど、堤真一が素敵でした!!

  一気にファンになりました!  by さき
  










いよいよ2月15日公開です!!試写会に行けなかった人はぜひ公開日以降に






見に行ってみてください!!
































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ジャッジ』あらすじ 感想大公開!話題のCM誕生秘話も。。 [映画]

無題.png





話題映画ジャッジ』見てきました!!






同じ北川景子主演の『抱きしめたい』とどっちを見ようか迷ったのですが、





今回は楽しく笑いたい気分だったので『ジャッジ』にしました。






ジャッジ感想あらすじ、映画で作られたあのCMについてもご紹介しまーす!





imagesCAGS4OQS.jpg












ネタバレになりますので、これから見る人はご注意下さい!!






ダメ男っぷり全開の妻夫木聡演じる、太田きいちろうは、CMクリエイター






とはいっても、まともな仕事をしたことがなく、






口だけの上司、豊川悦司演じる、大滝いちろうにいつも、うまく言いくるめられ尻拭い。







あるとき、大滝は、世界のCMのトップを決める国際広告祭の審査員をやることに。





しかし、取引先の超つまらないCMを優勝させないとクビだと言われ、






審査員役を太田に押し付けます。







何も知らない太田はうまく言いくるめられ、審査員としてアメリカへ。






しかしその国際広告祭の審査員たちは、みんな、自分の会社のCMを優勝させるために不正ばかり。






ばか正直で、人のいい太田はみんなに「いいものはいい」と言おう。と伝えます。






自分たちは、世界の代表としてここにいる。






自分たちの判断が正しいのか『ジャッジ』される立場なんだと。






そんな太田の誠実さんみんなの心は少しずつ動かされ…






自分のCMより、他の本当にいいCMを優勝させようとする太田はクビになるのか?




 

ちょこちょこ出てくるギャグや、出演者たちのやりとりに、映画館は笑いで溢れていましたよ。












そうそう、少し前によく流れていた、エースコックのきつねうどんのCM知っていますか?






このCMがこの映画から生まれたことを知っていましたか?






私はこの映画を見て初めて、こういうことか~と納得しました!!うえに






このCMは元々、ただキツネが腰を振っているだけの単純なCMでした。





これを上の人に「これじゃキツネみたいじゃないか。もっとネコらしくしろ」と言われます。






この人はネコ好きだから、この人がネコと言ったらネコなんだ、とめちゃめちゃなことを言われ、






面倒になった大滝は、太田にCMの直しを押し付けることに。






「このキツネを明日までにネコにしろ。『これはネコです』とでも書いて『ニャー』と鳴き声を






入れればネコになる」と。



imagesCAG1U69L.jpg






このキツネの着ぐるみの中身も、ニャーの鳴き声も、妻夫木くんなんですよ(^^)






このCMにこんな誕生秘話があったなんて、驚きでした!













普段あまり、映画を見に行けないんですが、一度見ると、いろんな広告をやっているので、






また見たくなりますね!!






今回の予告では、『白ゆき姫殺人事件』(だったかな?)主演 井上真央 綾野剛






が面白そうでした!!






また、映画鑑賞したら感想かきまーす。






今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



































































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2月1日公開!映画『抱きしめたい』 実話 本人つかさの死因は? [映画]










本日2月1日に話題映画、『抱きしめたい』が公開されましたね[映画]

実話ということもあり、話題沸騰!結末は何となく予想ができるものの、私も涙覚悟で今年初の映画鑑賞を

しようかと思っています。ご本人の小柳(萩田)つかささんの死因は何だったのでしょうか?

診断名は『急性妊娠脂肪肝』という、数万人に1人の病気で、子どもを出産した日に

意識不明となり、そのまま目を覚ますことなく亡くなったそうです。

yjimage.jpgyjimage.jpg



つかささんは、事故で左半身麻痺となり、意識障害も持ちながら、それでも懸命に生きていた素敵な女性。

つかささんのお母さんを演じている吹雪ジュンさんがあるテレビ番組でゲスト出演の際、

映画撮影の様子を語っていました。

映画の中で、北川景子(つかさ役)が病院のベットで必死にリハビリしている様子を

吹雪ジュン(つかさ母役)が声を掛け応援しながらビデオ撮影をするシーン。

映画でも流れるそのシーンは、本当に吹雪ジュンさんがハンディーカメラで撮影したもので、

お芝居か現実か分からなくなるくらいの臨場感だったそうです。

撮影現場には、錦戸亮さんが演じたつかささんのご主人ご本人と、息子さんが見学に来られていて、

二人で懸命に生きている、本当にいいご家族です。と話していました。

そんなエピソードだけでもジーンとくるものがありますよね。。。

息子さんはお母さんの記憶なんてもちろん無いだろうし、そんなに小さいうちに母親を亡くし、

想像できないくらいの寂しさ、大変さがあるでしょうが、この映画を通じて、

僕のお母さんはこんなに素敵な人だったんだ、と胸を張って生きていってほしいです。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。